FC2ブログ
旧「為替で夢を現実に!31歳4人の父親奮闘気!」 厳しい現実と夢のギャップを埋めるべく、オリジナルトレードで為替市場の大海原へ!テクニカルできっちり勝利ゲット!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんばんは、土日でいろいろ考えました。

と言うのも、HMトレードの検証についてです。現在のところ順調に進んでいますが、このツールを正直どこまで信じていいのかの基準作りが今の課題と思っています。

その第1段階が金曜の雇用統計です。指標トレードを捨てて、損益がどう変化するかを見たかったのです。結果としてはクロス円の上昇に伴い評価損益は上昇。しかし、これは部隊編成時の計算上の範囲内であり、なんら問題はない状態。第1段階はクリア。もっと言うと、クロス円の上昇時(緩急含む)における総部隊における損益の変動はクリアと言ってもいいでしょう。

そして、問題は明日から来るであろうクロス円の調整及びトレンド転換や突発的要因による円高&それ以外のペアのトレンド転換です。基準にしている通貨のチャートを見ると、冷静に考えて上昇から下落(下落から上昇)に転換する動きであるのは確かなのです。スイングであれば間違いなく手仕舞いするタイミング、あるいはポジを建てるタイミングです。

金曜のNYクローズ時点で含み益が4万強。それがマイナスになっても全然範囲内なのですが、各部隊内でどこまで差損を吸収できるのか?また、部隊間でどの程度補えるのか?素直な気持ちとして試したいです。

単純に利確してまたポジるタイミングを計れば済むことなのですが、将来的に考えると投入資金が比較的小額の時点でしか試せないこともあるのです。最大レバでポジっておけば、意識的にロスカットを利用し最低限の資金の確保は可能です。ある意味リスクも限定的です。結構痛いけど(笑)。雇用統計も基本的にこの考えで挑みました。

今日相談した方には「1度利確すべき」と進言していただきました。それはすごく自然な意見であり、当然とも言えます。

ここで重要なのが「私がこのツールを使って目指すものとは?」これに尽きるんですよね。スイングの要素を組み込もうとするならば、間違いなく利確です。

しかし、本当にほったらかしを目指すのであれば「放置」の選択肢しかないんですよね。相関、逆相関で組んでいるのである程度の変動は範囲内として上下で一喜一憂する必要はまったくないはず。

ある方のブログで「ポジを保有したまま何年もチャートを見なくても大丈夫ですか?私は平気です。」みたいな内容を掲載されてた方がいらっしゃいます。行き着く先はそこなんですよね。そもそもHMトレードは差益を狙うものではなく、スワップを狙うもの。これで失敗したらまたスイングで資金を作ります。

腹をくくってトレードしないと、私のブログを見て簡単FXポートフォリオツール を購入される方、考えてる方に申し訳ないですから。でも皆さん投資は自己責任ですからね(笑)。

明日からが怖い反面、とても楽しみです。

*投資は自己責任でお願いします。





スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://moeai.blog56.fc2.com/tb.php/102-05d1e2c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。